トリキュラー 通販

MENU

トリキュラー21を注文するならこの通販サイト

 

トリキュラー21を注文するなら
「ベストケンコー」という通販サイトがおすすめです。
発送が早い、送料が無料、口コミ評価も高いです。
さらに正規品保証があるので安心できます。
   ↓↓

 

 

トリキュラー21を通販で買うメリットとは?

 

 

トリキュラー21は病院でも買えます。
ただ、その場合は出費が多くなってしまうので大変です。
なぜなら、病院でトリキュラー21を購入するとなると保険が利かないからです。
(避妊目的で買うときは保険が利きませんが、月経困難症の改善が目的なのであれば利きます)
1シートで2500円前後となります。
病院で買うメリットと言えば「安心感がある」ということくらいでしょう。

 

しかし、通販で注文すれば1シート僅か548円です。
しかも、通院する手間もないわけです。
通販で買う方がメリットが大きいといえます。

 

 

トリキュラー21は市販されていません

 

 

ちなみに、トリキュラー21は処方箋がないと買えないので、薬局では市販されていません。

 

ただ、海外から個人輸入する場合は例外であり、処方箋は不要です。
「個人輸入代行通販サイト」を使えば、普通の通販とほぼ同じ感覚でラクラク購入できます。

 

 

Amazon・楽天市場などにはトリキュラー21はありません

 

 

Amazonと楽天市場にはトリキュラー21は売っていません。
トリキュラー21のみならず処方箋が必要な薬は
基本的にAmazon・楽天などの大手通販サイトでは購入できないので覚えておきましょう。

 

 

通販でトリキュラー21を注文するときに気を付けるべきこと

 

 

トリキュラー21を注文することが可能な通販サイトは色々あります。
同じ商品で輸入ルートも同じで、しかも値段も大差ありません。
どこから買えばいいか?迷うと思います。
以下のポイントをチェックしてから決めましょう。

 

1:正規品保証が備わっているか

 

海外から輸入してくるわけですから、通常の通販よりもニセモノに引っ掛かりやすいです。
ですから、必ず正規品保証がある通販でトリキュラー21を注文しましょう。

 

外箱や説明書は日本語表記ではないわけですから、
それらを頼りにニセモノかどうかを見分けることはまずできません。
なので、正規品保証があるかないかが唯一の頼りになります。

 

成分名は頼りになることも

 

正規品保証以外で本物・偽物を見分けるには、成分名を確認しましょう。

 

トリキュラー21のメーカーのHPでトリキュラー21の成分構成が公開されています。

赤6錠:レボノルゲストレル0.05ミリグラム エニチル・エストラジオール0.03ミリグラム
黄10錠:レボノ〜0.125ミリグラム エニチル〜0.03ミリグラム
白5錠:レボノ〜0.075ミリグラム エニチル〜0.04ミリグラム

 

これらと「成分名」や「分量」が異なるのであれば、くトリキュラー21ではない疑いがあります。
トリキュラー21と成分構成が近い医薬品としては、
例えば「マイクロジノン21」などがあるので気を付けましょう。

 

 

2:到着までの日数

 

海外輸入品である関係上、
通常の通販よりも「注文してから届くまで」の日数が長くなります。

 

サイトによって日数は異なり、
1週間かからず届くところもあれば、2週間以上かかるところもあります。
どうせなら早い方がいいですよね。

 

トリキュラー21を通販で注文するのであれば、発送が早いか?にも注目しましょう。

 

 

トリキュラー21の通販はベストケンコーがおすすめ

 

 

以上のポイントをふまえると、
ベストケンコーが一番おすすめです。

 

  • 正規品保証があるので安心
  • 発送まで1週間かからないことが多い
  • 配送料金0円
  • 中身が箱に記入されないのでバレない
  • まとめ購入で割引適用(最安で1箱当たり628円)

 

他にもトリキュラー21を取り扱っている通販サイトはありますが、
私が知る限り、一番良いのはベストケンコーでした。
    ↓↓

 

 

 

 

避妊薬のタイプについて

 

 

避妊「具」と聞くとコンドームを思い浮かべる方が多いでしょう。
ですが、コンドームを使っても8割くらいしか避妊できませんし、
破れたり外れたりしてしまう場合もあります。
また、そもそも男性がつけてくれないこともあるかもしれません。

 

 

女性が確実に避妊するには、避妊「薬」が役立ちます。

 

「避妊のための女性ホルモン剤」のことを一般的に避妊薬と言います。

 

プロゲステロンとエストロゲンといった女性ホルモンが、避妊薬には配合されています。
これらの物質には、子宮への精子の侵入を妨げる効果があります。
ですから、避妊できるわけです。
(ちなみに、プロゲステロンとエストロゲンは本来、妊娠期間中
や排卵〜月経の時期に分泌されるものです。)

 

 

避妊薬のタイプは主に2つ。
アフターピル(緊急避妊薬)と、ピル(経口避妊薬)です。

 

アフターピルはセックスの後に緊急で使う避妊薬。
ピル(経口避妊薬)は一定のペースで飲む避妊薬ですから、セックスのタイミングは考慮しません。

 

トリキュラー21は経口避妊薬ですから、定期的に摂取することになります。

 

 

低用量ピルとは?

 

 

避妊薬には、高用量・中用量・低用量の3種類があり、それぞれで成分量が異なります。

 

高用量や中用量の方が効果は高いのかもしれませんが、
副作用のリスクがかなり大きいので、今はほとんど使用されていません。
今、有名なピルは全部低用量のものです。

 

低用量ピルを毎日摂取するとホルモンバランスが安定するので、
危険な副作用に襲われることはほぼありません。

 

 

ちなみに、トリキュラー21は低用量ピルに分類されます。

 

ドイツの有名製薬メーカーの「バイエル」が作っており、
日本国内では一番処方数が多く安心感がある薬です。

 

無理なく「避妊に適したホルモンバランス」に身体を導いてくれるので、
避妊効果が高いですし、副作用もあまり出ません。
(ただし、人によっては、不正出血・頭痛・吐き気といった
副作用が発生する場合があるので注意してください。)

 

また、子宮内膜症や生理痛を軽減する作用もありますし、
卵巣がんを防ぐ効果もあるともいわれています。

 

 

トリキュラー21は緊急避妊薬としても利用できる?

 

 

緊急避妊薬(アフターピル)として、
トリキュラー21を使うことはできるのでしょうか。

 

緊急避妊薬とは?

 

再度説明しましたが、緊急避妊薬はセックスのあとに緊急に使う避妊薬です。

 

コンドームが破れたときなど、中出ししてしまった場合に使います。
緊急避妊薬はセックスのあとすぐに摂取するのが大事です。
避妊がうまくいかなったとき、膣内射精から72時間以内に緊急避妊薬を摂取します。

 

日本では「ノルレボ錠」という薬品が緊急避妊薬として認可されており、
これを時間内に2錠摂取すると、排卵がブロックされて、さらに着床もしにくくなります。
避妊率はおよそ84パーセントですから、かなり役立ちます。

 

 

さて、トリキュラー21は緊急避妊薬ではありません。
あくまで低用量ピルであり、毎日摂取する必要があります。

 

緊急避妊薬であれば毎日摂取する必要はないわけですが、
副作用のリスクが大きいという欠点もあります。

 

ですから「万が一膣内射精してしまった時のみ、緊急避妊薬を使う」という意識でいましょう。
「緊急避妊薬があるから中出ししてもいい」という考えは間違っています。

 

そのことを踏まえたうえで、リキュラー21が緊急避妊薬として使えるか?について説明しましょう。

 

 

結局トリキュラー21で緊急避妊はできるの?

 

 

理屈の上では、トリキュラー21で緊急避妊はできます。

 

先ほど触れた、アフターピルの「ノルレボ錠」には「レボノルゲストレル」という
有効成分が入っており、トリキュラー21にもこれが配合されています。
ですから、似たような効果を得ることもできます。
(レボノルゲストレルが最も多く配合されているのは、黄色のトリキュラー21ですから、それを飲むことになります)

 

ただ、このケースでは、少し特殊な方法で摂取することになります。
ノルレボ錠は「セックスのあとに1度摂取する」という単純なものですが、
トリキュラー21の場合は中出ししてから、2回摂取することになります。

 

1:セックスから72時間以内に黄色のトリキュラー21を4錠飲む

 

2:それから12時間後に黄色のトリキュラー21を4錠飲む

 

こうすれば緊急避妊ができるかもしれません。
ちなみに、トリキュラー21を日常的に飲んでいるわけではない場合でも効きます。

 

ただ、きちんと避妊したいのであれば、
ノルレボ錠のような正規のアフターピルを使ってください。

 

トリキュラー21はあくまで「代用品」です。

 

 

緊急避妊ができたかどうか確認する方法

 

薬を飲んで3週間以内に「消退出血」が発生すれば、
避妊が上手くいったと判断できます。

 

子宮内膜が剥がれて排出されることを「消退出血」と言います。
ピルが効けば、消退出血が起きるはずです。
子宮内膜が剥がれていると妊娠ができないので、避妊に成功したと考えることができます。

 

 

トリキュラー21を使う上で気をつけたいこと

 

 

トリキュラー21を使用するにあたり、
以下のことを守りましょう。

 

 

定期検査が必須です

 

トリキュラー21の安全性は高く、副作用もあまり出ません。
ただし、薬である以上肝臓に多少の負担がかかることになりますし、
負担が蓄積して危険な状態に陥る可能性がないわけではありません。

 

ですから定期的に病院で血液検査をしてもらいましょう。
非常に低確率ですが血栓症になる恐れもあるので、必ず診断を受けてくださいね。
ペースとしては「6カ月に1回」がベストです。

 

 

休薬期間を厳守しましょう

 

トリキュラー21は「21日間飲み続ける→7日間ずっと休む」というペースで飲む薬です。

 

この休薬期間を省いたり延ばしたりすると、
薬の効き方がおかしくなったり、身体に負担がかかったりするのでやめましょう。

 

ちなみに、管理が大変だと感じるのであれば「トリキュラー28」がおすすめです。
こちらの場合は休薬期間中は偽薬を摂取することになるので、管理しやすいです。
(「トリキュラー28」については後でもう少し紹介します)

 

 

トリキュラー21についてのよくある質問と答え

 

 

 

トリキュラー21についてのよくある質問をまとめました。

 

 

トリキュラー21で肥満になることはある?

 

直接的に肥満に繋がることはありません。
ですが、女性ホルモンの増加、むくみ、食欲増進などの効果もあるので、
肥満になったと感じることもあるかもしれません。

 

 

トリキュラー21で月経を遅らせるのは何日間まで?

 

7〜10日までです。
ただ、もちろん適切な摂取方法で使ってくださいね。

 

 

トリキュラー21とトリキュラー28の差は?

 

トリキュラー21は21錠、トリキュラー28は28錠となっています。
また、トリキュラー21には偽薬(何の効果もない薬)が含まれていませんが、
トリキュラー28には7錠分の偽薬が含まれています。

 

トリキュラーは「21日間飲む→7日間休む」というペースで飲むわけですが、
偽薬があればこの休薬期間を忘れにくくなるというわけですね。

 

効き目に違いがあるわけではないので、
休薬期間をきちんと守れるのであればトリキュラー21でも問題ありません。

 

 

日本製のトリキュラー21はある?

 

あります。
しかし、1シート当たり2810円もしますし、購入できる通販サイトが少ないです。
病院で買っても1シート当たり2500円程度ですから、
通販で日本製を購入するくらいなら、信頼性の高い病院で手に入れることをおすすめします。

 

 

代金引換でトリキュラーを購入することはできる?

 

できません。
海外から輸入してくるため、発注費用が発生し、
万が一代金引換のような後払いで支払われないとなると、損失が大きくなるからです。
どの通販サイトでも「クレジットカード(JCB、マスターカード、VISAなど)決済」か
「銀行振込」でしか購入できません。

 

 

マーベロンとトリキュラー。副作用のリスクが低いのはどっち?

 

トリキュラーの方が副作用のリスクが低いです。
マーベロンも良い商品ですが、
ピルを使った事がないのであれば、トリキュラーをおすすめします。

 

 

 

トリキュラーを安心して買える通販はコチラ
      ↓↓